PHP言語を基礎から学ぶサイト

PHPについて初心者のWEBサイト管理人が情報をまとめていきます。HTMLとCSSをマスターしたらいよいよプログラム言語を一つ挑戦したいですよね。

http://blaineblogger.com/wp-content/uploads/2017/03/php.jpg
PHP言語
http://blaineblogger.com/wp-content/uploads/2017/03/2.jpg
PHP言語
http://blaineblogger.com/wp-content/uploads/2017/03/program.jpg
PHP言語

if文の基本型

条件によって処理を変更したい場合には、「if文」を使用します。「if」や「switch」という文を使用する場合、一連の処理の中では条件が成立するかどうかによって、その後の処理を変えることもよくあります。条件の部分には条件を判断するための式を入れます。

比較演算子の種類には、様々なものがありますが、

AとBが等しい(A=B)、AとBの値と型が等しい(A=B)、AとBが異なる(A|=B)、AがBより大きい(A>B)、AがBより小さい(A<B)など、様々な種類があります。なお、(==)は等しいを表し、(!=)異なるだけではなく、大小を比較することもできます。

また、3つ以上の条件を組み合わせたい場合には「&&」や「II」の演算子を複数使用することで可能になります。また、「&&」や「II」の両方を組み合わせて複雑な条件を指定することもできます。ただし、その場合は優先順位に注意する必要があります。スクリプトを作成する際には「&&」の方が「II」よりも優先順位が高いという特性に留意してください。なお、優先順位を変更したい時には括弧を使用して正しく動作させる方法もありますので、覚えておいてください。