PHP言語を基礎から学ぶサイト

PHPについて初心者のWEBサイト管理人が情報をまとめていきます。HTMLとCSSをマスターしたらいよいよプログラム言語を一つ挑戦したいですよね。

http://blaineblogger.com/wp-content/uploads/2017/03/php.jpg
PHP言語
http://blaineblogger.com/wp-content/uploads/2017/03/2.jpg
PHP言語
http://blaineblogger.com/wp-content/uploads/2017/03/program.jpg
PHP言語

if文と繰り返し

If文に更なる条件判断を行って処理を実行することもできます。この場合、ifやelseなどの間に更にif文を入れます。if文は条件によって処理を分岐するものです。if文は条件が満たされているかどうかで処理をわけるものです。より正確に詳細を言うと、「条件として与える式」において「True」か「False」のどちらかの値を持っているか」で処理をわけるものとなります。

条件式に使用する記号を比較演算子と呼びます。たとえば、変数$aの値がTrueかFalseの値が代入されているとした場合、変数$aの値がTrueかFalseらで処理がわかれます。

スクリプトの処理を行う際に、同じ事を繰り返し行う場合があります。繰り返しを行う場合、for文を使用します。主に一定個数の繰り返しを行う場合に使用します。

繰り返しを実施するプロセスは①初期化処理を行う、②条件が満たされている場合、③繰り返しの処理を実行、④繰り返しの終了、という順番になります。また、②条件が満たされていない場合には実施しないという分岐が行われます。繰り返しの終了時の処理においては、カウンター変数の値を増やすか減らす式を入れてください。