WEBページのブランドカラー

WEBページ上での色彩選択はIT用語などと呼ばれるHTMLのカラーネームを使用することができます。

またカラーコードと呼ばれる数値によって色彩を表現することもできます。WEBページ構成する色彩は、皆さんの店舗や事務所などのブランドカラーをあらかじめ設定しておくと、すっきりとしたデザインになるでしょう。

WEBページデザインに限らずフッションやアートなどにおいても言えることですが、色彩のもつ印象力やメッセージ性を理解したうえで複数の色を組み合わせてブランドカラーとするケースが多いようです。

ブランドカラーとして設定される色彩から受けるイメージは直接的に皆さんのWEBページのイメージにつながってくるでしょう。