PHP言語を基礎から学ぶサイト

PHPについて初心者のWEBサイト管理人が情報をまとめていきます。HTMLとCSSをマスターしたらいよいよプログラム言語を一つ挑戦したいですよね。

http://blaineblogger.com/wp-content/uploads/2017/03/php.jpg
PHP言語
http://blaineblogger.com/wp-content/uploads/2017/03/2.jpg
PHP言語
http://blaineblogger.com/wp-content/uploads/2017/03/program.jpg
PHP言語

PHPで画面に現在時刻を表示してみよう


PHPの魅力のひとつは、Webページの内容をその時の状況に寄って変えることが出来るところにあると思います。

今回は現在時刻を表示できるようにしてみましょう。

例文は「現在は_時_分_秒」とします。もちろんこのアンダーバーのところには、今現在の時間が表示されるようになります。

現在時刻の表示に必要なファンクションは、現在時刻専用のファンクション「date」を用います。

この「date」というファンクションは日付や時刻を表示するのに必要になります。

また、dateファンクションは画面に出力する機能がなく【戻り値(または返り値)】として内容を得られるだけのため、「print」ファンクションの力を借ります。またPHPプログラムを示すための「<?php」と「?>」を使います。

これらを組み合わせてみると

『<?php

print(‘現在は ’ . date(’G時 i分 s秒’) . ’ です’);

?>』

となります。

G、i、sのパラメータは、それぞれ「時を24時間単位で」、「分、1桁の場合は“0”を付ける」、「秒、1桁の場合は“0”を付ける」を表しています。

また、ファンクションの戻り値と、通常の文字列はそのまま一緒に表示ができないので、「.(ドット)」を使って戻り値と文字列を連結させることで画面に表示できるようになるはずです。

ぜひ試してみてください。