PHP言語を基礎から学ぶサイト

PHPについて初心者のWEBサイト管理人が情報をまとめていきます。HTMLとCSSをマスターしたらいよいよプログラム言語を一つ挑戦したいですよね。

http://blaineblogger.com/wp-content/uploads/2017/03/php.jpg
PHP言語
http://blaineblogger.com/wp-content/uploads/2017/03/2.jpg
PHP言語
http://blaineblogger.com/wp-content/uploads/2017/03/program.jpg
PHP言語

ヘッダ情報とは


では、ヘッダとはどうのような情報なのでしょうか。通常は目にすることが、できませんが、「ie HTTP Headers」(http://www .blunck. info/iehttpheaders/iehttpheaders.html)というヘッダ情報を視覚化するソフトウェアがあります。ただし、Windows のlntplorerでしか利用できません。インストールして、 HTTP ヘッダ情報を通じて、フラウザとサーバがどのような会話をしているか確認してみましょう。

インストールは、ダウンロードした「ieHTTPHeadersSetup.exe」 をダブルクリックして、ウィザードに従うだけです。なお、Internet Explorer7では、 Windows の再起動が必要になる場合があります。 インストールが完了したら、Internet Explorerのメニューから[表示]→[エクスプローラバー]→ [ieHTTPHeaders」と選択します。表示結果の黒字部分はサーバへの HTTP リクエス卜情報です。

リクエス卜情報には、使用している Webフラウザや OS (User-Agent)、接続先サーバーのホスト名、リファラ(リンク元情報)、 Cookieなどの情報も含まれています。 青字で表示されている部分はサーバからの HTTP レスポンス情報です。 レスポンス情 報には、iServer Jというヘ ッダ情報があります。 この情報は、「Apache /l . 3.37 (Unix)」 のように、使用しているWebサーバを示しています。なお、サーバの設定で表示しないようにしている場合もあります。

WebブラウザからApacheへURLリク工ストを行った時、Apache は拡張子の判別をします。たとえば、「http://localhost/question.php」へアクセスを行った場合、Apacheは拡張子が「.php」であることを判別して、PHPエンジンを使ってファイルを実行します。Windowsが、実行するアプリケーションを決めるのに、ファイルの拡張子を判別するのと同じです。ちなみに、「.html」など、「.php」 以外の拡張子を PHP スクリプ卜として解釈させることも可能です。拡張子を判別してアプリケーションを選択する設定は Apache の設定ファイルで行います。