PHP言語を基礎から学ぶサイト

PHPについて初心者のWEBサイト管理人が情報をまとめていきます。HTMLとCSSをマスターしたらいよいよプログラム言語を一つ挑戦したいですよね。

http://blaineblogger.com/wp-content/uploads/2017/03/php.jpg
PHP言語
http://blaineblogger.com/wp-content/uploads/2017/03/2.jpg
PHP言語
http://blaineblogger.com/wp-content/uploads/2017/03/program.jpg
PHP言語

PHPを使ってWebアプリケーション


Virtual BoxのインストールとISOイメージのダウンロードができたら、インストールを開始しましょう。
まずは、Virtual BoxでこれからLinuxをインストールする“仮想マシン”を作成します。

Virtual Boxを起動後、画面左上にある「新規」をクリックします。
「新規」をクリックすると「仮想マシンの作成」画面が開きます。
この画面で、まず「名前(任意の名前でOK)」を付け、これからインストールしたいOSの「タイプ」と
「バージョン」を選択します。CENT OSの場合、「タイプ」は「Linux」、「バージョン」は
「Red Hat(64-bit)」を選択します。

次に「メモリーサイズ」を選択してください。仮想マシンでどれだけメモリを使えるか、ということになるので、
大きくすれば仮想マシンの処理スピードが上がりますが、その分、本体側(ホストOS)の処理が遅くなる場合が
あります。

Linuxのデスクトップ環境は1024MBもあれば動きますが、2048MB以上のメモリがあえるパソコンでしたら、
2048MBぐらいにしておけばより快適に使用可能となります。

「ハードディスク」では、仮想マシン用のハードディスクを作るかどうかを設定します。これからLinuxを
インストールしたいので、「仮想ハードディスクを作成する」を選択してください。

ここまでの設定が完了したら、「作成」をクリックしてください。

「ファイルの場所」、「仮想ハードディスクを作成する場所」自動設定のままで構いません。

「作成」をクリックすると「仮想ハードディスクの作成」画面が開きますので仮想ハードディスクのサイズを設定
してください。10GBもあれば十分ですが、パソコンのハードディスクに余裕があれば64GB程度にしておきしょう。

「ハードディスクのファイルタイプ」は「VDI(Virtual Disk Image)」を使用すればよいです。

ここまで設定したら「作成」をクリックしてください。

クリックすると仮想マシンが作成されるので、「起動」をクリックして仮想マシンを起動してください。
次に 「起動ハードディスクを選択」画面が開くので、インストール用のISOイメージファイルを選択して
「起動」をクリックしてください。

すると CENT OS7(Linux)がインストールされます。