PHP言語を基礎から学ぶサイト

PHPについて初心者のWEBサイト管理人が情報をまとめていきます。HTMLとCSSをマスターしたらいよいよプログラム言語を一つ挑戦したいですよね。

http://blaineblogger.com/wp-content/uploads/2017/03/php.jpg
PHP言語
http://blaineblogger.com/wp-content/uploads/2017/03/2.jpg
PHP言語
http://blaineblogger.com/wp-content/uploads/2017/03/program.jpg
PHP言語

変数の寿命


「こんにちは、世界リやi100Jのようなデータの寿命は、その文の中だけであると言いました。もしもあとから同じデータにアクセスしたいという場合には、データを変数という入れ物に保存しておく必要があったわけです。

もっとも、変数の寿命も永遠というわけではありません。変数は、そのページを表示したところでなくなってしまうものです。

ページ1で準備された変数$xには、ページ2ではアクセスできません。ページ2それどころか、もう一度、ページ1を表示させようとしても、前にページ1を表示させたときの変数$xには、もうアクセスできないのです。いったんページを表示させたところで、変数$xは削除されているからです。2度目のアクセスで作成される変数$xは、名前は同じでも別の変数として扱われます。

セッションとは?

そこで登場するのが、セッションというしくみです。セッションとは、ざっくりと言ってしまうと、ページを跨って情報を保存するための入れ物です。ユーザーがアプリを利用している問、維持されます。

ページ1でセッ卜したセッション情報は、ページ1を表示したあとも維持され、ページ2でもアクセスできます。例えばi実習のサンプルのように、ウィザード形式の入力フォームではウィザードが完了するまでデータを保存しなければいけませんかう、ポストデータをいちいちセッションに詰め替えているのです。