PHP言語を基礎から学ぶサイト

PHPについて初心者のWEBサイト管理人が情報をまとめていきます。HTMLとCSSをマスターしたらいよいよプログラム言語を一つ挑戦したいですよね。

http://blaineblogger.com/wp-content/uploads/2017/03/php.jpg
PHP言語
http://blaineblogger.com/wp-content/uploads/2017/03/2.jpg
PHP言語
http://blaineblogger.com/wp-content/uploads/2017/03/program.jpg
PHP言語

変数とは何か

PHPを含む、一般的なプログラム言語において「変数」は非常に重要な存在です。そのため、変数について理解しておくことはPHPを知る上で大切なポイントです。

そもそも、「変数」とは処理を進める際に必要な情報を記憶しておくための「入れ物」のことを指します。プログラム言語において一般にスクリプトを作成する際には、変数を沢山使用します。変数の内容はサーバーマシンのメモリに一時的に保存されます。また、それによってスクリプトが終了するとメモリから消えることになります。

たとえば、「○○さんこんにちは」というメッセージを表示するスクリプトを作成する場合、変数に名前をつけます。変数に名前を付ける際には、アルファベットやアンダースコアを用います。なお、アルファベットの大文字と小文字は区別されますが、一般的にすべての文字が大文字ということはありません。

なお、変数に値を入れることを「代入」と言います。また、PHPでは文の最後にセミコロンを付けて、次の文との区切りを表すことにします。

プログラムの世界では、「佐藤太郎」などの文字の並びのことを「文字列」と呼びます。変数に文字列を代入し、スクリプトの中に文字を配置することができます。また、文字列をクリアにしたい場合には、空文字列を代入します。