PHP言語を基礎から学ぶサイト

PHPについて初心者のWEBサイト管理人が情報をまとめていきます。HTMLとCSSをマスターしたらいよいよプログラム言語を一つ挑戦したいですよね。

http://blaineblogger.com/wp-content/uploads/2017/03/php.jpg
PHP言語
http://blaineblogger.com/wp-content/uploads/2017/03/2.jpg
PHP言語
http://blaineblogger.com/wp-content/uploads/2017/03/program.jpg
PHP言語

サーバー側の言語PHP

PHP言語は、サーバー側で実行される言語です。 Web ページに組み込めるプログラム言語には、いろいろな種類がありますが、大 きく分けると「クライアント側 (Web ページを見る人のパソコン側、要するにブラウザ側)で実行するも の」と、「サーバー側 (Web ページが格納されているサーバーマシン側)で実行するものに分けられます。PHP言語は後者です。 Web ページの中にクライアント側で実行するプログラムが入っている場合、 WebページのHTMLとともにプログラムがクライアントに送られてきて、クライアント側でプログラムを処理するという形になります 。たとえば、 Webページにちょっとした動きをつける場合には、JavaScript がよく利用されていますが、 JavaScript はブラウザの方で実行するタイプの言語でPHPとは種類が違います。 一方、 Web ページの中にサーバー側で実行するプログラムが入っている場合、そのプログラムはサーバーで実行されてHTMLとして出力され、それがクライアント側に送られます。たとえば、掲示板やチャットなどのページでは、 Perl で作られたプログラムがよく利用されていますが、これはサーバー側で動作するものです。PerlやPHPはサーバー側の言語というわけです。

PHP は、サーバー側で実行するタイプの言語です。サーバー側にPHP がインストールされていれば、クライアント側のブラウザに関係なく、 PHP のプログラムが実 行できます。 なお、プログラム言語の中で、「コンピュータに関する深い専門的な知識がなくても、プログラムを書くことができるもののことを「スクリプト (script) と呼びます。 PHPもこの観点から言えばスクリプトです。