PHP言語を基礎から学ぶサイト

PHPについて初心者のWEBサイト管理人が情報をまとめていきます。HTMLとCSSをマスターしたらいよいよプログラム言語を一つ挑戦したいですよね。

http://blaineblogger.com/wp-content/uploads/2017/03/php.jpg
PHP言語
http://blaineblogger.com/wp-content/uploads/2017/03/2.jpg
PHP言語
http://blaineblogger.com/wp-content/uploads/2017/03/program.jpg
PHP言語

スクリプト系の言語PHP

スクリプト系の言語(PHP含む)では、数値や文字など変数に代入できるデータの種類のことを「型」と言います。データの型をあまり意識することなく文を書けます。

多くの場合において、変数に記憶された情報は画面に表示されます。PHPではWebページを作成する場合も、これらを画面に表示する機会はとても多いです。

PHPではさまざまな処理が「関数」によって行われます。そして、その関数によって動作の命令が行われます。文字を表示する際の関するは「print関数」と呼ばれます。スクリプトが思い通りに動作しない時は、どこで動きがおかしくなったか調べる必要があります。HTMLファイルを調べて、不具合の理由を明らかにします。

不具合を後に調べやすくしておくためには、区切りが良いところで改行するための文字を入れておくと良いでしょう。なお、改行文字は(¥n)です。<BR>タグを出力する度に、その直後に改行文字を入れておくのが良いでしょう。

数値や文字列を表示する際に、桁数を指定するなどの書式をつけたい場合には特定の関数「printif」という関数を使用します。書式指定文字列の部分には表示したい文字列を入れてください。書式指定文字列の部分には表示したい文字列を入れてください。printif関数を使って複数の値を表示したい場合には、書式指定文字列の中に記号を入れるなどして多様な形で活用することができます。

PHP入門の講座はC60